top of page

金利が上がると不動産需要が下がる!売買は2023年度中が正解?

住宅ローン金利がじわじわ上がってきています。

金利の上昇は「買主にしか関係ない」と思うかもしれませんが、実は不動産を売る方にとっても大問題です。それは、金利が上がると不動産需要が下がるといわれているから。今回は、その要因を解説します。

なぜ金利上昇で不動産需要が下がるのか?

「金利水準」と「不動産価格」は切っても切れない関係性にあります。その理由は、多くの人がローンを組んで不動産を購入するからです。



続きはこちら (さんぜろ不動産:コラムへ)

bottom of page